メニューを開く  メニューを閉じる
2017/03/01 日比谷ステーション法律事務所の弁護士名を騙った詐欺にご注意ください
Google+
ブログブログ

お前のモノはオレのモノ

2014.06.05

 弁護士の千葉です。

梅雨入り

 今日は雨ですね。しかも結構強いです。気象庁の発表によれば、関東甲信地方は、今日(6月5日)、梅雨入りしたそうです。

あじさい

あじさい

 僕は、(朝、天気予報も見ず傘を持たずに家を飛び出す自分が悪いのですが)雨が降る度にコンビニで傘を買っているため、いつの間にか家には(壊れているものを含め)たくさんのビニール傘が貯まってしまっています。家の玄関は、傘の本数だけ見ると全然一人暮らしには見えません。貯金と違って、なんであんなに傘って貯まるんでしょうか。しかも、透明だったビニール部分もいつの間にか薄く白みがかってきて、どれも気づけば一気に老け込んでしまっています。

 家に多くの傘を抱えているとはいえ、ちょっと立ち寄ったコンビニで、傘立てにあったはずの自分の傘が店を出る頃には無くなっていたりすると、この上なくショックです。コンビニで売ってるビニール傘なんて、某コンビニの変なアルファベットが入っているビニール傘を除けば、どれも特徴が無いような気がしますが、何となく自分の傘はわかりますよね(少なくとも、そんな気がしながらいつも手に取ってます)。傘が無くなっていたことに気づいたときの喪失感、なんだか胸にズーンときます。

それ窃盗罪ですから!

 ビニール傘は500円くらいですが、傘立てに立てておいた傘を勝手に持って行くのは窃盗罪ですから。刑法235条ですから!懲役10年以下の懲役または50万円以下の罰金刑ですから!

 自分の傘が盗まれていたとき、同じ傘立てには自分の傘と似たような他人の傘があったりします。明らかに自分の傘とは違うのに、「そういえば自分の傘って、こんなんだった気がするな~」とムリヤリ思い込みそうになりますが、そんな気持ちをグッ!!!と堪えて、レジに戻ってまた傘を買います。自分の傘が盗まれたからといって、他人の傘に手を出すことは刑事的に正当化されません(連鎖的に犯罪被害者が増えるだけです)。

「返そうと思ってたんだよ」は通用しない

 では、(傘に限らず)他人の物を、ちょっと拝借してそのすぐ後に元の場所に戻そうと思って、無断で持ち出した場合、窃盗罪が成立するでしょうか。

ビニール傘

ビニール傘

 これは「窃盗罪における一時使用」という論点で論じられるものです。判例上、窃盗罪が成立するためには、窃盗行為に着手した時点で、「権利者を排除して他人の物を自己の所有物としてその経済的用法に従い利用、処分する意思」(※講学的には「不法領得の意思」と呼ばれます。)が存在していることが必要とされているのですが、一時使用の意思しかなかった場合にも、このような不法領得の意思があるといえるのか、という論点です(不法領得の意思の内容等については、学説上争いがありますが、ここでは割愛します)。

 素朴に考えると、「返そうと思って借りただけなら、自分の物として利用しようとしていたわけじゃないし、窃盗罪で処罰するのは行き過ぎでは!?」とか「その後、返したならいいじゃん」とも思えますが、その反面、このような場合でも常に窃盗罪が成立しないとすると、盗む気マンマンで盗んでも、警察に捕まった瞬間に「返そうと思っていた」と言えば処罰を免れることが出来てしまうかもしれませんし(実際にどう思っていたかの立証は困難なことが多いです)、被害者から「勝手に持ってったことに変わりは無いだろ!」と怒られそうです。

 この点、過去の裁判例を見てみると、①他人の自動車の一時使用の事案で、使用開始時点で返還する意思があっても、不法領得の意思があり窃盗罪が成立することを認めたものや、②会社内の秘密資料をコピーし競合関係に立つ会社に譲渡するために社内から持ち出した事案で、不法領得の意思があったと認めたものがあります。

 しかし、例えば、学校で友達の机の上に載っていた辞書を、持ち主に無断で借りて、数分間、自席で調べ物をした場合、これが窃盗罪として処罰されるということはないと思います。

 一時使用のケースで、どのような場合に不法領得の意思が認められるかは、事案によりけりですが、手元にある刑法の本(山口厚『刑法各論』[第2版]p.200)によると、この判断基準として、占有者による利用の可能性・必要性の程度、予定された使用・利用妨害の程度、予定された使用・利用妨害の時間、物の価値などが勘案される必要があるとされています。また、一時使用目的でも、その使用により価値の消耗を伴う利用意思の場合(例えば、前記の秘密資料の持ち出しのケース等)、窃盗罪は成立するとのことです。

自分の傘を使いましょう

 いずれにせよ、急に雨が降り出したからといって、傘立てにある他人の傘を許可無く持ってっていいということはありませんし、「ちょっと借りただけで、後で返そうと思っていた」という言い訳はたぶん通用しませんから。

あじさい②

あじさい②