メニューを開く  メニューを閉じる
2017/03/01 日比谷ステーション法律事務所の弁護士名を騙った詐欺にご注意ください
Google+
セミナーセミナー

従業員に訴えられないために、いま出来ること

2015.10.09
本セミナーは既に終了しています。

セミナー概要

セミナー名 従業員に訴えられないために、いま出来ること
〜労務管理をなめたらアカン〜
講師 高橋里沙 弁護士 / 荒久美子 社会保険労務士
日時 2015/11/26(木) 13:30 – 15:30 (13:15開場)
会場 日比谷ステーション法律事務所(アクセス
東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館14階
定員 10名様
参加費 3,000円(税込)
申し込み方法 セミナーのお申し込みからお申し込みいただくか、お電話にて、セミナー参加希望の旨をお伝えください。
電話:03-5293-1775
担当:高本(こうもと)・荒
申込締切 2015/11/19(木) 17:30
ダウンロード 2015年11月セミナーのご案内

セミナー内容

会社を経営していると、日々の業務やマネージメントに追われ、どうしても「労務管理」を後回しにしてしまいがちです。しかし、会社経営をしていく中で多く起こるトラブルの一つは、従業員との関係です。

「まぁ、いいや。」と思って取り交わさなかった書類や、「後でいいか。」と作成しなかった規程等が、実はとても大切な「証拠」となるべきものであったということはよくあるお話です。そして、その「まぁ、いいや。」や「後でいいか。」の代償は、かなり高い金額になります。

今回のセミナーでは、訴えられないための未然予防の方法を社会保険労務士が、実際に訴えられた際の流れや対応方法を弁護士が、それぞれ実際の事例を元にご紹介します。

会社を経営されている方、起業する予定のある方、士業の方々など、是非ともご参加ください。

講師紹介

高橋里沙 弁護士

2007年慶應義塾大学法学部卒、2009年東京大学法科大学院卒。2010年に司法試験に合格し、弁護士登録後、日比谷ステーション法律事務所に入所。労働関係の紛争処理案件を含むさまざまな訴訟紛争解決案件を担当している。

荒久美子 社会保険労務士

早稲田大学卒業後、大手電力会社に勤務。営業や社員教育に携わる。社会保険労務士の資格を取得後、都内社会保険労務士法人に勤務。労務管理、労使トラブルの解決、社会保険事務などに携わる。 2014年、日比谷ステーション社労士事務所を開業。

当事務所のセミナーでは、参加者の皆様が気軽に講師と質疑応答のディスカッションが出来るよう、少人数制をとっています。
今回のテーマに初めて触れられる方はもちろん、日頃ご興味をお持ちの方も是非ともご参加いただき、講師とのコミュニケーションをお楽しみください。

セミナーの参加を希望される方はこちらからお申し込みください