メニューを開く  メニューを閉じる
2017/03/01 日比谷ステーション法律事務所の弁護士名を騙った詐欺にご注意ください
Google+
ブログブログ

お墓参り

2014.07.11

7月も10日を過ぎ,そろそろ夏休みの計画を立て始めている方も多いのではないでしょうか。

私も,お盆には帰省してお墓参りをする予定です。

 

お墓を作ろう?

*以下,「お墓」とは,死体を埋葬し,又は焼骨を埋蔵する施設をさすことにします。

 私の祖父母の家は,お隣さんの家が100メートルも離れているような長閑な場所にあり,山あいにお墓がポツンと建っているところもあります。

そこでふと思ったのですが,お墓は自分の好きなところに作ってもよいのでしょうか?

 この点,『墓地,埋葬等に関する法律』では,埋葬又は焼骨の埋蔵は,墓地以外の区域に行ってはならないとされています。そして,この「墓地」とは,お墓を設けるために,墓地として都道府県知事(市又は特別区にあつては、市長又は区長。以下同じとします。)の許可を受けた区域をいうとされています。

 そうすると,たとえ自分の所有する土地であっても,勝手にお墓を作ることは許されないことになります。

 

昔からあるお墓

では,昔からあるお墓のうち,都道府県知事の許可を受けていない所には,もはや埋葬や焼骨の埋蔵ができないのかというと,必ずしもそうではないようです。

場所によっては,埋葬許可申請をする時に墓地開設許可も併せて申請すれば,墓地の経営許可が出されることもあるようですので,お心当たりの方はお近くの担当部課に確認されてみるとよいかもしれません。