メニューを開く  メニューを閉じる
2017/03/01 日比谷ステーション法律事務所の弁護士名を騙った詐欺にご注意ください
Google+
ブログブログ

ASKA覚せい剤所持で逮捕

2014.05.17

「CHAGE and ASKA」のASKAが本日覚せい剤を所持していた疑いで警視庁に逮捕されました。

報道によると、警視庁で実施した尿検査により陽性反応が出たようですので、覚せい剤自己使用の罪でも捜査を受けることになりそうです。

ASKA本人は「覚せい剤を所持していたことはない」と容疑を否認しているようですが、今後の刑事手続はどうなるでしょうか。

起訴の可能性は?

ASKAは現在警視庁に逮捕されている状況ですが、逮捕というものはあくまで起訴して刑事裁判を行うのが適切かどうか(本当に罪を犯したといえるか、刑事裁判を行う必要があるかどうか)を判断するための情報や証拠を集めるための手続であり、逮捕されたからといって必ずしも起訴されるというものではありません。起訴するかどうかは警察から事件の送致(新聞やニュースで「送検」と呼ばれる手続です)を受けた検察官が職権に基づき決めることとなりますので、検察官が起訴するのが適切ではないと判断した場合には不起訴という可能性もないわけではありません。

ただし、ASKAの事件を管轄する東京地方検察庁では、覚せい剤所持・覚せい剤自己使用の罪は「全件起訴」を原則とする運用となっていますので、ASKAについても起訴される可能性が極めて高いと考えられます。

刑事裁判でASKAの主張が認められる可能性は?

報道によるとASKAは覚せい剤所持の事実を否認しているようですから、当然覚せい剤自己使用の事実についても否認するものと考えられます。

尿検査で覚せい剤の陽性反応が出ているとのことですが、このような場合でもASKAの主張が認められる可能性はあるのでしょうか?

まず重要なポイントは、覚せい剤所持も覚せい剤自己使用も犯罪として成立するためには「本人が覚せい剤と認識して所持、使用した」という事実が必要であるという点です。

したがって、例えば「小麦粉だと思って覚せい剤を所持していた場合」や「知らないうちに飲み物に覚せい剤を混ぜられて摂取してしまった」ような場合には、客観的には覚せい剤を所持していたり摂取していたとしても犯罪は成立せず無罪となります。

もっとも、日本においては覚せい剤はそれほど一般市民生活に浸透しておらず、「何かの拍子に間違って覚せい剤を所持してしまう」という可能性は低いと考えられています。

また、覚せい剤は人間の体内で自然に生成されることはない物質であり、尿から覚せい剤が検出された場合には外部から覚せい剤を摂取したことは明らかとなります。そして、上述のように覚せい剤が市民生活に浸透しておらず「何かの拍子に間違って覚せい剤を摂取してしまう」可能性はやはり低いと考えられるため、尿から覚せい剤が検出された場合には、原則として自分の意思で覚せい剤を摂取したものと判断されます。

有罪の場合の執行猶予の可能性は?

ASKAは現在覚せい剤所持の事実を否認していますし、日本では無罪推定の原則がありますので有罪が確定するまでは無罪と推定するべきですが、仮にASKAが覚せい剤所持・覚せい剤自己使用の罪で起訴され刑事裁判で有罪となった場合、執行猶予が付く可能性はあるのでしょうか?

覚せい剤所持・覚せい剤自己使用の罪はどちらも「10年以下の懲役」を法定刑とする犯罪ですが、初犯の場合には1年6か月から3年の間の懲役が選択された上執行猶予が付くことが多いと感じます。

仮にASKAが有罪になるとしても初犯であれば執行猶予が付く可能性はそれなりに高いと考えますが、有名人であることの社会的影響、暴力団等との関係、捜査手続や刑事裁判における反省の態度、今後の更生の見込みなどの情状が考慮されますので、もし本当は覚せい剤であることを知って所持・使用していたのだとすれば、素直に事実を認めて真摯に反省した方が良いと思われます。

 「CHAGE and ASKA」と言えば「SAY YES」や「僕はこの瞳で嘘をつく」などのヒット曲で人気を博したアーティストであり今後の刑事手続にも注目していきたいと思います。