メニューを開く  メニューを閉じる
2017/03/01 日比谷ステーション法律事務所の弁護士名を騙った詐欺にご注意ください
Google+
ブログブログ

まつげエクステによるトラブル~サロンはどのような請求をされるおそれがあるか

2014.05.07

みなさんは,まつげエクステをしたことがありますか。

多くの女性にとって,まつげというのは,長ければ長いほど,また太ければ太いほど,さらにカールしていればしているほど,望ましいものですよね。かくいう私も,大学時代にはマスカラを2度塗り3度塗りしたり,マスカラの前に下地を塗ったり,まつげが抜けるほどビューラーを使用したり,つけまつげを付けてみたりと,まつげを少しでもボリューミーに見せるために大変な苦労をしてきたうちの1人です。

女性達がまつげのために苦労する中,7年程前(注:私の感覚です)に彗星のごとく現れた革命的技術,それがまつげエクステです。私がまつげエクステをはじめて行ったのはおそらく5年以上前のことでした。鏡を見た私は,まつげエクステのすごさに衝撃を覚えました。つけまつげよりも自然なのに,バサッとボリューミーでフランス人形のような仕上がり・・・いつもは非常に地味なすっぴん顔も,まつげエクステをしていると少しだけ派手になります。また,ビューラーやマスカラの必要がなくなるため,毎朝のお化粧時間もかなり短縮できます。まつげエクステは私にとってまさに革命であり,こうしてブログを書いている今現在もまつげエクステをつけている状態です。

af9920039565

まつげエクステは危険?

そんな素晴らしいまつげエクステですが,最近,厚生労働省研究班が調査したところ、抽出調査を行った医師だけで、3か月間に1600人以上の患者が異常を訴えて受診していたことが分かったとの報道がありました。視力障害のおそれもあるらしく,まつげエクステユーザーの私としてはおそろしい限りです。私は4~5年まつげエクステをしていますが,幸い1度もトラブルになったことはありません。ただ,トラブルが続出しているという報道がある以上,法律上どのような問題になるのか,検討してみたいと思います。

まつげエクステに関する厚生労働省の見解

厚生労働省は,2008年3月7日付けの各都道府県・政令市・特別区の衛生主管部(局)長宛の通知(健衛発第0307001号)において,下記のとおりの見解を示しました。
“いわゆるまつ毛エクステンションについては、①パーマネント・ウエーブ用剤の目的外使用について(平成16年9月8日健衛発第0908001号厚生労働省健康局生活衛生課長通知)において、まつ毛に係る施術を美容行為と位置付けた上で適正な実施の確保を図ることとしていること、②「美容師法の疑義について(平成15年7月30日大健福第1922号大阪市健康福祉局健康推進部長照会」に対する平成15年10月2日健衛発第1002001号厚生労働省健康局生活衛生課長回答)において、いわゆるエクステンションは美容師法にいう美容に該当するとされていることから、当該行為は美容師法に基づく美容に該当するものであることを申し添える。”
上記のとおり,まつげエクステは美容師法上の「美容」にあたりますので,その施術は,法律で美容師免許を持つ者に限られることとなり,これに違反した者(すなわち,美容師免許を持っていないのにまつげエクステの施術を行った者)は美容師法違反で50万以下の罰金に処せられることになります。まつげエクステサロンに通われている方は,施術者が美容師免許を持っているのかどうか,1度確認されてみるといいかもしれません。

トラブルがあったとき,サロンにどのような請求をできるか

まつげエクステの施術を受けた人に,角膜に傷が付き,視力が低下してしまうなどのトラブルが発生した場合,法律上どのような請求が考えられるでしょうか。法的な根拠としては,不法行為を根拠とする損害賠償請求権をもってする構成と,まつげエクステ契約に基づくまつげエクステ施術債務の不履行に基づく損害賠償請求権をもってする構成との両方が考えられます。
いずれを選択するかにより主張立証責任(請求者と被請求者のどちらが主張立証しなければならないか)は異なりますが,サロン側に過失がなかったり,施術とトラブル(損害)との間に因果関係が認められない場合には,損害賠償請求は認められないことになります。

損害賠償の費目としては,治療費,通院交通費のほか,入通院慰謝料などが考えられます。また,まつげエクステに起因する傷害により仕事を休まざるを得ず,これにより現実の収入減が生じた場合には,その収入の減少分を休業損害として請求することもあり得ます。さらに,万が一まつげエクステトラブルにより後遺症が残った(視力の低下や失明など)という場合には,後遺症慰謝料のほか,症状固定日から労働能力喪失期間の終期までの期間の労働能力喪失分を逸失利益として請求することが考えられます。

gf1420432459

結び

上記のとおり,まつげエクステによりトラブルが発生した場合には,損害賠償請求をすることが可能の場合もあります。

とはいえ,最初に書いたとおり,まつげエクステはやっぱり女性にとっては嬉しい技術ですから,できるだけ安全に利用し,トラブルなんて発生しないのが1番であることはいうまでもありません。まつげエクステ施術後に目に違和感を感じたり,痛みを感じることがもしあった場合には,すぐに病院に行き,適切な治療を受けましょう。

まつげエクステによりトラブルが発生したのにサロンが何も対応してくれない,逆に,サロンの方で,きちんとした施術をしたのにお客さんからいわれのないクレームを受けておりにっちもさっちもいかない・・・というような状況になってしまった場合には,当事務所までご相談頂ければと思います。